レジオネラ菌 レジオネラ菌対策 レジオネラ症防止対策: 冷却塔の維持管理
スポンサードリンク

2008年5月16日金曜日

冷却塔の維持管理

冷却塔などでは、維持管理をせずにほっておくと、細菌・アメーバなどが多く発生しやすく、レジオネラ属菌も増えやすくなります。

レジオネラ症を防止するためにも月に1回以上の定期点検・清掃を行うようにしてください。
また、藻類が発生したり、汚れが著しい場合は速やかに清掃を行い、必要であれば薬剤を投入するなどして、衛生管理には気をつけるようにしてください。



【維持管理方法】
①冷却塔の運転を停止した後、冷却塔内の水を排出します。 
②冷却塔内部の汚れは、ブラシなどを使用し、清掃するようにしてください。
③充てん材の汚れは、高圧洗浄などを使用し落とします。 
④清掃・洗浄により水槽内に溜まった汚れは、冷却塔の排水口から排出し、循環系等に混入させないように注意してください。 
⑤冷却塔を使い始めるときは、内部をよくすすいだ後、水を張り運転を再開します。 
⑥清掃する時には、冷却水のエアロゾルを吸入しないよう、マスクなどの保護具を着用してください。